【同期のサクラ】サクラはなぜ入院している?脳挫傷により意識不明で人口呼吸器も

高橋充希さんが主演を務めるドラマ「同期のサクラ」が2019年10月9日よる10時から放送スタートしましたね!

第1話は冒頭から主人公のサクラが倒れており、その後病院人口呼吸器に繋がれている状態です。ドラマ冒頭からいきなり主人公が意識不明入院しているということで、驚いた方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はなぜサクラ入院しているのか、サクラが負った脳挫傷などについて考察してみます。

注意:「同期のサクラ」のネタバレを含む可能性があります。


ドラマ「同期のサクラ」のあらすじは?

引用元:「同期のサクラ」公式HP

大手ゼネコンに入社した北野サクラ(高畑充希)が、故郷の離島に本土との橋を架けるという夢を持つ。自身の夢を叶えるため、どんな状況でもまっすぐに自分を貫くサクラの言動が、サクラと同じく2009年入社の同期の4人の心を動かしていく…。

そんなサクラ同期たち5人の、サクラが夢を叶えるために奮闘する10年間を描く。

サクラが入院している理由は脳挫傷?

第1話では、主人公の北野サクラが自宅で倒れ意識を失っている状態から物語が始まります。

病院のベッドで人口呼吸器に繋がれた状態のサクラの元に、同期4人が集まります。

その内の1人の月村百合橋本愛)が、サクラは”重い脳挫傷で意識が戻ることは難しい”と医師から告げられたと話します。

ここまでは、サクラが大手ゼネコンに入社してから10年後の話のようです。ここから物語は10年前の入社式まで遡ります。

サクラの脳挫傷ってなに?どんな状態?

脳挫傷とは、頭部への直接的な強い打撃による脳の打撲状態を指します。

  • 主な原因は自動車の衝突や頭部の強打です。

  • 症状は軽症または重症の頭部外傷と同じです。

  • 入院して経過を観察します。場合によっては手術が必要です。

引用元:MSDマニュアル

つまり、サクラ何らかの原因で倒れた衝撃で頭部に強いダメージ負い昏睡状態に陥り、意識の回復が難しくなったと考えられます。

 まとめ

この記事ではドラマ「同期のサクラ」について、、なぜサクラ入院しているのか、サクラが負った脳挫傷についてご紹介しました。主人公が意識不明ということで不安の声も見られますが、サクラが回復することに期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です