木村拓哉の母親は富山で農業?越中を自慢する会に入会

木村拓哉さんはご両親と絶縁関係にあるとされていますが、その母親はスピリチュアル的な活動をしているそうです。

また、富山県で農業をしているという噂もあったので調査してまとめてみました!

木村拓哉の母親は富山で農業?

木村拓哉さんの母・木村まさ子さんは食育を通して子育てや女性の自立を提唱する活動を行っています。

まさ子さんは富山県の土地がお気に入りで、自身がオーナーを務める農業をやっているそうです。

2020年現在では閉店していますが、神奈川県川崎市でイタリア薬膳料理「いな田」を経営しており、食材の一部は富山から取り寄せていました。

引用元:http://blogs.yahoo.co.jp/ikura2710/40270127.html

また、常連客に富山県出身者がいたことで富山ゆかりの知人が増えていったそうです。

まさ子さんは富山の食材が大好きとのこと!

木村拓哉の母親が富山で講演会

引用元:JA富山中央会

木村拓哉さんの母・まさ子さんは、全国各地で公演会を開催されています。

富山でもJA富山中央会が主催の「みんなで食育を考えよう」などの講演会が開催されました。

講演会では、自身が経営していた薬膳レストランの体験をもとに

  • 「いただきます」、「ごちそうさま」と声を出し、食材そのものや、食材を作ってくれた人、料理を作ってくれた人への感謝の気持ちを表すことの大切さ
  • 家族で囲む食事がコニケーションの場として重要な役割を果たすこと

など、食育の大切さについて説いたそうです。

木村拓哉の母親は「越中を自慢する会」の会員

木村拓哉さんの母・まさ子さんは富山ファンということがわかりましたが、なんと地元新聞社「北日本新聞社」の「越中を自慢する会」にも入会されているそうです!

越中を自慢する会」は、2006年に発足された会で、富山県の最も古い呼称である「越中」をキーワードに、郷土の魅力を広く発信することを目的としているそうです。

県内外を問わず会員を募っているそうで、まさ子さんも富山県の魅力をアピールをしたいと思って入会されたのではないでしょうか。

まとめ

この記事では、木村拓哉の母親・木村まさ子さんと富山との関係について調査してまとめました。

地元ではない富山県をここまで好きになってアピールしてくれることは、地元民の方は嬉しいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です